純正で残しておいた方が良いモノ

中古車を売りに出すというときにどうしても気になるのが、「純正部品は残しておくべきか?」というところになるでしょう。

 

基本的には、純正部品は残したまま売るというのが、愛車を少しでも高く売る際の鉄則とも言われていますが、しかし中には、残しておいても決してプラス査定にはならない、というか、残しておかなくてもマイナス査定にはならないパーツもあります。

 

今回はそういった純正部品の扱いに関してお話していきたいと思います。

 

純正部品は残しておくべきか?ということですが、シンプルに考えたときに、銃声部品を残しておくことによって何らかの付加価値がつくのであれば、その純正部品は残しておくべきである、ということになります。

 

逆に、鉄則上は残しておいたほうがよい純正部品であったとしても、残して老いたところで一銭の価値も生まないということであれば、残しておかなくてもよいということになります。まあこれについては、考えてみれば当然といえることになるでしょう。

 

たとえば足回りパーツを例に挙げて説明するとわかりやすいと思うのですが、アルミホイールが純正部品である場合には、残したほうがよいといえるでしょう。

 

純正のアルミホイールであれば、これはそれなりの価値を生むことになります。しかしスチールであれば、基本的には純正部品であったとしても、ほぼ価値は生みませんので、残しておいても意味はないと考えるべきでしょう。

 

他に、残しておくことによって価値を生みだす純正部品は何かというと、マフラー、オーディオ、足回りなど、手を加えがちなパーツに関しては、やはり純正部品はそのまま残しておいたほうがよいということになります。

 

もちろんカスタムパーツに交換してあるのなら、それを再び純正部品につけかえて・・・といった面倒な手間はかける必要はありません。カスタムパーツがついていたとしても、純正部品は備品として査定にかけるという考え方で十分です。

 

ただ、カスタムパーツは新しい車で必要になるという場合には、面倒でももう一度カスタムパーツを取り外して純正部品をつけなおして査定にかけるという手間が必要になります。

 

やはり基本的には、純正部品のほうがフラットな査定額が提示されることになると考えておく必要があるということになるでしょう。

 

純正部品は残しておくべきか?という質問が多いのは、やはりカスタムパーツにはどのくらいの価値があるのかというところが疑問になるのでしょう。

 

ただ、基本的には、カスタムパーツは好き嫌いがはっきりするので、あまりプラス査定にはならないということに注意が必要です。